幸手グルメ情報 幸手市 グルメ グルメ情報 }}

幸手グルメ情報 we hope to activate our town, satte city, saitama pre.

まるかんのお店幸手駅前店

画像の説明

まるかんのお店幸手駅前店

画像の説明

画像の説明

画像の説明
住 所幸手市中1-12-27
電 話0480-44-0008
携帯090-1120-3886
営業時間AM~PM
定休日日曜・祭日
駐車場

画像の説明

画像の説明


まるかんのお店幸手駅前店

まるかんの創業者は斉藤一人さん

 まるかんと言えば何と言っても斉藤一人(ひとり)さん。斉藤一人さんと言えば「個人事業主として納税額日本一」を何年も続けている人、ということでつとに有名です。それだけでなく、彼の講演会(もちろん無料)のファンは無茶苦茶多く、講演会の内容はYoutubeなどでいくらでも聞くことができます。また、彼の講演内容をベースにした書籍はどこの本屋でも入手することができます。
 でも、実際に彼の顔を知っている人はほとんどいない筈です。なぜならば、斉藤ひとりさんは、極端なマスコミ嫌いであり、テレビ出演などは一切断っているからです。本人曰く。「俺は俗物だ。テレビに出て顔なんか知られたら、ポルノ雑誌すら買うこともできなくなってしまう」と言うんです。というわけで、彼の顔を知っている人は、まるかんのお店で会員登録をした人だけが、視聴することができるというわけです。

画像の説明

 最初から、話が変な方向に行ってしまいました。その斉藤一人さんが主宰するお店が「まるかんの店」で、幸手では、ここの一軒しかありません。場所は、上のGoogle地図でご覧頂けますが、嘗て「幸手劇場」があったその向かい側、と言った方が分かりやすいかもしれません。

一味違う健康食品の店

 このお店で売っているもの、それを一言で表現すれば「健康並びに美容に関する商品」と言ったところでしょうか。斉藤ひとりさんの運営する会社は「㈱銀座まるかん日本漢方研究所」と言うんですが、彼の講演を聞いていると「一応研究所なんて名前をつけているけど、研究している人間は誰もいないんだ。俺が考えに考え抜いてパッとひらめいたものがそのまま商品になるんだ」なんて言うんです。
 私は、彼の講演に魅せられて聞いているうちに斉藤ファンになり、いつのまにか彼の開発した「ダイエット青汁」を飲みはじめていたんです。私は、既に70歳を超していますが、これまで20年以上、健康診断や人間ドッグというものを一切受けたことがありません。私の妻も同です。でも決して健康に無関心というわけではありません。それどころか、健康には気を遣い、毎日ヨガを実践するなど、体力の保持に努めています。斉藤さんの作った青汁を飲むようになったのも、健康を保持したいからにほかなりません。

画像の説明

 このお店を知ったのも、youtubeによる斉藤さんの講演を視聴→彼の開発した青汁への興味→お店の場所を調べる、という順序でこの店に辿り着いたんです。

美人店主も昔は病弱だった

 さて、肝心の店主の長塚直美さんです。彼女、写真でご覧いただけますように、単に若くて美人というだけではありません。人間的にも大変魅力的な女性です。人間の魅力というのは、簡単にできるものではありません。その人の生きざま、心の持ちようが反映されるからです。しかも彼女、もっと若い頃に、大きく健康を損ね、最終的にまるかんの商品に出会うことによって健康を取り戻した自らの体験をお持ちの方なんです。
 現在の姿だけを見ていると、とてもそんなつらい体験をお持ちのようには見えません。人は見かけによらないんですね。一度、お店に出かけ、直接話を聞いてみてはいかがですか?

騙されてみる価値のある青汁

 なお、私は「ダイエット青汁」という商品だけを愛用しています。元来、私は便秘もちではありません。でも、月に一度くらいは便秘気味になることがありました。そこで試験的に飲んでみたところ、より一層、便通がよい。というよりも極めてお腹の調子がいい。この辺の感覚を人に説明するのは難しいんですが、時々お腹が膨れるいわゆる膨満感というものが一切なくなったんですね。

画像の説明

 そこで嫌がる妻にも勧め、無理やり飲ませてみたところ、お腹の調子が良くなったと、今では「もうすぐなくなるから買ってきて」と自分から所望するようになったんです。一緒にNPO法人を運営している仲間(70代後半の男性)にも勧めたところ、これまた病みつきになり、自分から買いに行くというほどの熱の入れようです。
 そんな経験から、私が「自分で幸手2号店を開業しようかな」、なんて思ったこともありました。しかし、化粧品など美容関係の商品もあるため、それは諦めました。70過ぎの爺さんが美容関係の商品を説明している姿を想像したら、可笑しくて自分で噴き出しそうになってしまったからです。
 斉藤ひとりさんは、「まるかんの店は競争相手ではない。いくら多くてもいい。むしろ、横浜の中華街のように、向こう三軒両隣が同じ商品を扱うようになった方がいい。お互いに切磋琢磨するようになるから、みんながハッピーになれる」、という信念の持ち主なんです。ですから新規開店に意欲のある方、少しも遠慮する必要はありませんよ。長塚店長も、きっとあなたの新規開店を応援してくれると思います。
 

画像の説明
◆このコーナーは、お客様がお店で直接体験した内容を、そのまま掲載しています。グルメ情報として、積極的に活用して下さい。街の活性化のため、良いお店を見つけたら、どんどん投稿して応援して下さい。イタズラ防止のため、認証コードはそのまま同じ数字(半角文字)を入力して下さい。お名前は匿名でかまいません。また、題名も無記入で構いません。
【お店の方へ】記載内容に不備や誤りがある場合は、このコーナーからご連絡ください。

画像の説明

認証コード(5156


a:465 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手グルメ情報 幸手 グルメ NPO法人幸手げんき社