幸手グルメ情報 幸手市 グルメ グルメ情報 }}

幸手グルメ情報 we hope to activate our town, satte city, saitama pre.

桜製菓

桜煎餅 桜製菓

画像の説明

画像の説明

住 所幸手市中4-10-7
電 話0480-42-1605
営業時間AM~PM
定休日
ホームページ
主なメニュー☆    

画像の説明

ばら売り用の煎餅が茶箱に入っています

画像の説明

お店の中の様子です

画像の説明

お店の商品です

画像の説明

ご主人は、とっても優しい方でした

画像の説明

混ぜて10枚買ってもたったの470円


桜せんべい 桜製菓

お店探訪記

 いやあ驚きました。幸手に住んで既に39年。生まれたての赤ん坊が中年おじさんになるほど長いこと住んでいるのに、この桜製菓の存在を知らなかったんです。多分、市の中心市街地に住んでいる人達は、朝夕の散歩の折などに見かける存在として、それなりに有名なお店なんでしょう。
 初めて訪問して、そのレトロな雰囲気にびっくり。昭和がそのまま生きている、という実感を持つことができます。お店に入ると、昔の駄菓子屋に入った時のように、郷愁と安心感が漂ってくるのです。「三丁目の夕日」の世界がそこに広がっているのです。今にも奥から、エプロン姿の駄菓子屋のおばちゃんが出てきそうな雰囲気です。
 入店しても気づかないのか、誰も出てきません。しばらくすると奥の方から店主らしき男性が出てきました。一瞬、職人タイプの気難しい人かと警戒しました。でも、誠実さがそのまま顔に出ているというタイプの人で、いわゆる商人タイプの方ではありませんでした。商品も、煎餅だけを陳列し、他の物には目もくれない、という徹底ぶりです。
 物珍しそうに店内の商品を見回していると、大きな木箱が並んでいるのに気づきました。茶箱です。昔はお茶が湿気ないよう、内側に銀紙を貼っていたあれです。確かに私の子供の頃にはありました。しかし、平成の御代でこんなレトロな品物に再会するとは思いませんでした。しかも、この茶箱、しっかり現役なんです。寅さん映画で言えば、寅さんが持ち歩いているあの四角いカバンに相当するようなものです。
 思わず、「こんなもの今でも作っているところがあるんですか?」なんて聞いてしまいました。店主の方は「今は入手困難で、なかなか手に入らないんです。ですから大切に使っています。」なんて仰っていました。
 その茶箱に入っているお煎餅、「バラ売り用」だそうです。6箱ほどあったでしょうか。みなそれぞれに中身が違う。甘いものやしょっぱいもの、様々な種類があり、選ぶのに迷います。あれこれ選んで20枚ほど買うことにしました。
 おいくらですか?と聞くと、約1000円でした。おお~、こんなに大きい煎餅を20枚も買ってたったの千円。嬉しくなってしまいました。しかも、ここの商品、すべて自家製造だというんです。店主曰く「ここで作って、ここで売ってるんです」。このような貴重なお店の存在を知っただけでも、このサイトを立ち上げた意味があろうというものです。
 

画像の説明
◆このコーナーは、お客様がお店で直接体験した内容を、そのまま掲載しています。グルメ情報として、積極的に活用して下さい。街の活性化のため、良いお店を見つけたら、どんどん投稿して応援して下さい。イタズラ防止のため、認証コードはそのまま同じ数字(半角文字)を入力して下さい。お名前は匿名でかまいません。また、題名も無記入で構いません。
【お店の方へ】記載内容に不備や誤りがある場合は、このコーナーからご連絡ください。

画像の説明

認証コード(6486


a:1932 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

幸手グルメ情報 幸手 グルメ NPO法人幸手げんき社